ICT事業

国土交通省が定めるi-Construction(土工)対応の施工プロセスは、現在以下の5つに分けられます。

1 . 起工測量

従来の測量では、作業員が二人一組で、傾斜や起伏を測量し「丁張り」で高さや角度の目印を作ってきました。これら測量をICT化すると、ドローンやレーザースキャナで測量を行います。
ドローン測量では上空から写真を撮影し、複数ポイントの座標を一気に取得でき、操縦者含め2人で測量ができ大幅な工数削減が見込めます。 3次元設計データにより、大部分の丁張りが不要になります(確認用の丁張りは必要)また、従来の人力での測量に比べて計測できる地形変化の情報量が多くなり、測量制度が飛躍的に増し、盛土や掘削の土量を計算できるなどのメリットがあります。

2 . 3次元設計データ作成

従来の工法では、手作業で測量した数値データを元に「縦断図」「横断図」「平面図」といった2次元データで設計されます。
これら設計データのICT化では、2次元データを元に3次元設計データを作成します。

3次元設計データはブルドーザーやバックホウといった重機と連携し、3次元データを読み込んだ専用機器がオペレーターをサポートしたり、建設機械自体を自動制御することが可能です。

 

3 . ICT施工

従来はブルドーザーやバックホウで地面を成形する際はオペレータが丁張りを目視で確認し、掘削や盛土を行っています。

設計通りにできているかは、オペレーターを始め、技術者の経験や技量に大きく依存します。

ICT施工では、「マシンガイダンス」と「マシンコントロール」の2つに分かれます。マシンコントロールは、3次元設計データを基準にブルドーザー、バックホウを自動制御する技術です。マシンガイダンスは、重機に取付けられたモニターに3次元設計データを表示し、手動で施工する技術です。
どちらも施工状況をリアルタイムで観測することができ、小さな誤差で施工の精度を確認できます。

 

4 . 5 . 出来形管理・データ確認

従来の出来形管理では、手入力した書類による検査を行っていました。

ICT化になることで、起工測量の際と同様にドローンやレーザースキャナによって素早く3次元測量を行います。
作成された3次元測量データを設計時の3次元設計データと付け合わせると簡単に出来形が計測できます。
 
設計と現況の差分を色で分けた「ヒートマップ」で出来形の制度は一目瞭然となります。
書面検査では、検査員がPCでヒートマップの帳票を確認します。